イメージ画像

酵素は熱に弱い。

健康を維持するためには、酵素の補給が欠かせません。私たちの体には、5000種類ほどの酵素があります。しかし、すべてが体内で生成されるわけではありません。体内で生成できない分は、食事で補給しないといけないのです。 

不足しないように、食事からしっかり酵素を補給したいものです。でも、食事から酵素を摂取する場合は、注意が必要です。酵素は熱に弱いという特徴があります。酵素は野菜や果物に含まれますが、調理するときに加熱してしまうと、成分が壊れてしまいます。だから、食べても摂取できなくなってしまうのです。効率よく酵素を摂取するには、生で野菜や果物を食べることをおすすめします。 

生で食べるという意味から、果物を食べる、というのは酵素摂取のために良い方法です。酵素が多く含まれていて、生で食べられる果物は、パパイヤ、ブドウ、キウイ、パイナップル、マンゴー、バナナがあります。はちみつやオリーブオイルにも、豊富に酵素が含まれています。果物はもちろん、野菜を食べるときも、なるべく火を通さないで、生で食べることが大切ですね。 

とはいえ、毎日生の野菜や果物をたくさん食べるというのは大変です。忙しい毎日を送っていると、食生活のバランスも崩れがちです。そんなとき、酵素ドリンクを利用してみてはいかがでしょうか。何十種類もの野菜、果物を、生の状態のまま濃縮ドリンクにしています。酵素ドリンクを毎日コップに注いで飲むだけで、酵素がグングンはたらいてくれます。

このページの先頭へ

通貨ごとに倍率